こどもメガネの健康保険適用について

特定のこども用メガネに、公費補助が付くのをご存知ですか?

平成18年4月1日より、小児の弱視及び先天性白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズについて、各保険者より療養費の支給が認められる事になりました。

対象者と給付額・必要書類・申請方法については以下の通りです。

対象者と給付額
対象年齢:9歳未満

支給が認められる更新条件(再作の場合の経過年数)
5歳未満は前回適用から1年以上
5歳以上は前回適用から2年以上

給付額 
眼鏡 36,700円×1.03=37,801円(フレームレンズ一式)が上限です。

実際には、健康保険は3割個人負担(場合によっては2割)ですから、保険からは7割(8割)が返ってくるという事になります。

具体的な給付額の計算方法は、実際の購入額(税込)に、3割負担の場合は、0.7を掛けて算出した額となり、37,801円を超える場合は、37,801円の0.7が給付額ですが、あくまで計算例で、具体額は審査の結果という事になっています。

必要書類
・眼科医の「医療費控除申請用処方箋」
・眼科医による(その眼鏡での視力等の)検査結果
・療養費支給申請書(各保険組合が発行)
・その処方箋に基づき購入した眼鏡の領収書

すでに眼科医には、行きつけになっているでしょうから、治療の流れの中で、先生から眼鏡装用の指示が出たら「健康保険の対象となるか」を確認して、書類の作成をお願いします。

場合によっては、書類作成が有料となる事もあります。

申請方法
眼科医発行の支給用眼鏡またはコンタクトの処方箋を受け取る。

保険組合に「療養費支給申請書」の交付を受け取る。

「対象者本人名」が記載されている「治療用眼鏡の領収書」を受け取る。

「処方箋」「療養費支給申請書」「領収書」3点を合わせて保険組合に提出。

保険組合にて支給対象かどうかを審査。

保険組合にて支給対象と認められれば、支給上限内にて支給されます。

但し、近視や乱視などの単純な視力矯正の為の眼鏡や、アイパッチ、フレネルシートはダメだそうです。

こどものメガネは、本人はもとより周囲の大人の理解が最も必要です。

ご両親や先生など、身近な大人が意識してメガネをかけさせ、子供の視力を引き出せるよう、努めてあげて下さいね。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

カテゴリー: こどもメガネ情報   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。