こどもメガネの健康保険適用について

特定のこども用メガネに、公費補助が付くのをご存知ですか?

平成18年4月1日より、小児の弱視及び先天性白内障術後の屈折矯正の治療用として用いる眼鏡及びコンタクトレンズについて、各保険者より療養費の支給が認められる事になりました。

対象者と給付額・必要書類・申請方法については以下の通りです。

対象者と給付額
対象年齢:9歳未満

支給が認められる更新条件(再作の場合の経過年数)
5歳未満は前回適用から1年以上
5歳以上は前回適用から2年以上

給付額 
眼鏡 36,700円×1.03=37,801円(フレームレンズ一式)が上限です。

実際には、健康保険は3割個人負担(場合によっては2割)ですから、保険からは7割(8割)が返ってくるという事になります。

具体的な給付額の計算方法は、実際の購入額(税込)に、3割負担の場合は、0.7を掛けて算出した額となり、37,801円を超える場合は、37,801円の0.7が給付額ですが、あくまで計算例で、具体額は審査の結果という事になっています。

必要書類
・眼科医の「医療費控除申請用処方箋」
・眼科医による(その眼鏡での視力等の)検査結果
・療養費支給申請書(各保険組合が発行)
・その処方箋に基づき購入した眼鏡の領収書

すでに眼科医には、行きつけになっているでしょうから、治療の流れの中で、先生から眼鏡装用の指示が出たら「健康保険の対象となるか」を確認して、書類の作成をお願いします。

場合によっては、書類作成が有料となる事もあります。

申請方法
眼科医発行の支給用眼鏡またはコンタクトの処方箋を受け取る。

保険組合に「療養費支給申請書」の交付を受け取る。

「対象者本人名」が記載されている「治療用眼鏡の領収書」を受け取る。

「処方箋」「療養費支給申請書」「領収書」3点を合わせて保険組合に提出。

保険組合にて支給対象かどうかを審査。

保険組合にて支給対象と認められれば、支給上限内にて支給されます。

但し、近視や乱視などの単純な視力矯正の為の眼鏡や、アイパッチ、フレネルシートはダメだそうです。

こどものメガネは、本人はもとより周囲の大人の理解が最も必要です。

ご両親や先生など、身近な大人が意識してメガネをかけさせ、子供の視力を引き出せるよう、努めてあげて下さいね。

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 

カテゴリー: こどもメガネ情報 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

こどもメガネ専門店の選び方

すぐ行けるお店でこどもメガネを作る
いくら良いメガネを選んでも、遠方で修理に出すのが困難な店は、こどもメガネには向いていません。

壊れたりゆがんだりが日常茶飯事でありますので、すぐに飛んで行ける店である事や加工がその場で出来るようなお店なら理想的です。

また、買い替えの頻度で言うと、早い方は、見え方の違和感で半年くらいの場合もあるし、1年くらいの方も多いので、最初から高級なものを選ぶ必要はありませんが、ゆがみが少ないという事を考えると、出来れば一流メーカーのお手頃レンズがおすすめです。

こどもメガネ専門店で選ぶ
こどもメガネ専門店とは、治療を目的にしたこどもメガネの選び方や、おしゃれなこどもメガネの選び方、安全なこどもメガネの選び方など、こどもメガネの用途に応じた選び方の提案をしてくれるメガネ店の事です。

特に治療用メガネは、子供が一日中つけていなくてはならないものなので、常に正しい位置にかけて置けるよう工夫されたものや、安全性も考慮されたものを専門的な目でアドバイスしてくれるので安心です。

またフィッティングも前フィッティングと後フィッティングを行うなど、実際にメガネをかけてみて、小さな違和感も無いように、調節してくれます。

こどもメガネ専門店でよく知られているのは、東京にも大阪にも百貨店内に店舗がある、アンファンがあります。

1年間は無料修理、レンズ度数に不具合がある場合は3ヶ月間無料交換やスペアメガネの購入特典などアフターサービスもしっかりしているので、選ぶ際の選択肢として、ご参考になさって下さい。

 
 
 
 
 

カテゴリー: こどもメガネ情報 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

こどもメガネの安全性と耐久性

元気いっぱいの子供たちにとって、メガネはまずは安全で丈夫である事が大切です。

こども用メガネには、大人用のものとは違うさまざまな工夫がこらされています。

メガネで壊れにくいフレームとは言っても色々あります。

バネ性のあるチタン合金や樹脂で出来たフレームは高い弾力性があって壊れにくいけれど、復元力があるだけにフィッティングに問題があるます。

逆の壊れにくさを持つ堅牢なフレームだと、踏んづけたりした時には大丈夫でしょうが、ドッチボールが顔にあたった場合などは、フレームが壊れない代わりに顔に危険があるます。

こどものメガネは大人のものよりは、「壊れやすいもの」なのです。

また、レンズも軽くて丈夫という事で、殆どがプラスティックですが、反面、キズが付き易いという面もあります。

それだけに、こどもメガネには、いろんなアフターサービスが付いているものが多いです。

例えば…

・フレームが壊れても2年間交換が無料
・レンズの度数やキズも2年間交換無料
・曲がっても汚れてもメンテナンスは無料

などのアフターサービスがあります。

こどもメガネを選び祭に、
これらのアフターサービスがあるかどうかをチェックして下さい。

こどもメガネの機能性やデザインについてですが、
子供の視野は大人とは違います。

まだ、背が低いので子供たちの視野は、特に上を見たり下を見たりする上下幅を必要とするため、細いものは不向きという事になります。

その事を考慮した上で、レンズはメガネ屋さんと親で決定し、フレームは実際にそのメガネを毎日かけるこどもの希望を尊重してデザインやカラーを決めてあげると、毎日の生活の中で正しくメガネをかける習慣がつきやすくなります。

初めてのこどもメガネの場合は、軽くて掛け心地の良いものが良いでしょう。

 
 
 
 
 

カテゴリー: こどもメガネ情報 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

こどもメガネの選び方や探し方のポイント

こどもが学校の検診や眼科で、眼が悪いのでメガネで視力矯正をして下さいと言われたら、どこで、どのようなこどもメガネの選び方をすれば良いのか不安になってしまいますよね。

こどものメガネは、大人のメガネ選びとは、また少し違った意味合いを持って来ます。

体の成長とは違い、こどもの眼の成長は8歳頃までにほぼ完成するからで、眼の発達期を逃してしまうと、メガネをかけても、視力は向上しにくくなるからです。

8歳までのこどもの眼を正しい成長に導いてあげられるかどうかで、眼の一生は決まってしまうと言われています。

そんな事からこどものメガネは眼の機能を正しく発達させ、治療する医療器具であるとも言われています。

今回は、こどものメガネについて、選び方や探し方のポイントや健康保険の適用などについて、ご紹介していきます。

幼少期の眼の検査は信頼出来る眼科医で診察を受ける事
小学生になると、近視のこどもが増えます。

平成20年度の学校保健統計調査報告によると、裸眼視力が0.3未満の割合が、幼稚園児では0.8%に対して、小学生では7.1%に増加すると報告されています。

学校検診の結果を伝えられた場合は、速やかな対応が必要ですが、すぐにこどもメガネを作るのではなく、まずは眼科受診が必要です。

出来れば、小児眼科を受診する事をおすすめします。

視力は、測定する場所の環境や、その日の体調によっても変化しますし、ごともの場合は特にその影響を受け易いので、メガネ店で視力測定をせずに、必ず眼科医の眼鏡処方を持ってメガネ店を訪れ、メガネが出来上がったら、また受診した眼科でメガネチェックをして貰って下さい。

その際、眼科医に聞けば紹介してくれますが、こどもメガネの経験が豊富なメガネ店に行く良いと思われます。

特に、小学校4年生くらいまでのこどものメガネのフィッティングは難しいので、こどもメガネ専門店へ行く事をおすすめします。

カテゴリー: こどもメガネ情報 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。